出産・育児にまつわるエトセトラ

初めての育児に戸惑いつつも、喜びを感じる毎日。そんな日々の事柄を順不同、気の向くままに綴ろうと思う。

スポンサーリンク

子どもが病院を怖がらなくなった理由。2歳。

病院は…生後3ヵ月の予防接種の頃からビビってましたね^^;

 

我が子の病院恐怖歴 

生後3ヵ月ごろ:先生を見て泣きまくる。

生後6ヵ月ごろ:診察室の前に立つと泣く。先生をみるとさらに泣く。

生後10ヵ月ごろ:同上。先生をにらみつける…。

1歳ころ:病院前からすでに泣く。

 

とにかくビビりまくり。

予防接種の注射より「病院の雰囲気」に泣いていました。

思いっきり泣くんで、いつものどのチェックが楽勝でした(笑)

 

が、現在。

2歳前後からだろうか?

 

母「病院行こうね。」

子「うん。」

 

ちっとも嫌がらない。むしろ喜んでないか?

 

  1. 病院に着く。
  2. おもちゃへダッシュ!
  3. 勝手に遊び始める。
  4. 呼ばれる、多少無理やり診察室へ。
  5. 先生をみると何故かにこやか。
  6. おとなしく口を開ける。
  7. 注射←全く泣かない。

な、何だこの扱いやすさは…。

むしろ病院のおもちゃから引き離して帰るほうが大変という…。

 

我が子が病院を怖がらなくなった理由

それはお医者さんごっこをするようになったこと。

しかもかなりお気に入りの遊びのようです。

 

きっかけはyoutubeの動画

あのおもちゃで遊んでいる系です。

病院セットとかで遊んでいる動画を見ていて真似しだしました。

専用のおもちゃはありませんが、我が家のおもちゃはしょっちゅう怪我したり病気したりします(笑)

時々私のスマホが病院のベッドになっていたり^^;

 

そうやって動画を見ては遊んでいるうちに「病院は怖いところではない。怪我や病気を治してくれる所。」ときちんと認識されたのではないかと思います。

 

母的にはちょっとびっくりなきっかけです^^;

 

もし、病院通いに苦労されている方がいましたら、「お医者さんごっこ」のできるおもちゃはいかがでしょうか(笑)?