読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

出産・育児にまつわるエトセトラ

初めての育児に戸惑いつつも、喜びを感じる毎日。そんな日々の事柄を順不同、気の向くままに綴ろうと思う。

言葉を選びすぎて会話が止まる

 

支援センターに行ったときのお話です。

 

近くになった初めて合うママと「はじめまして」

な感じで自然に会話が始まりました。

 

 

 

我が子は運動の発達は一般的で、1歳3ヵ月で小走りしています。

はなしていたママは2歳になったばかりのお子さんのママでした。

 

ママ 「1歳3ヶ月で上手に歩くねぇ。

    うちの子は遅くって、1歳7ヶ月でやっと歩いたんですよ〜。」

 

 

私  「(ん〜。なんて言ったらいいんだ。“遅い”は失礼だよね。)

 

     ゆっくり目だったんですね〜。」

 

 

ママ  「そうなんですよ〜」

 

 

私   「(歩きはじめが遅いほうが楽ですよ ←失礼)

    (それくらい全然問題ないですよ ←私が言うことじゃない)

    (ちゃんと歩けてよかったですね ←失礼)

 

    気にしなくていいんじゃ?的なことをマイルドに言えない。

 

     … 」

 

ママ  「…」

 

 

 

会話終了(;´∀`)

 

 

 

以前ママ友がいないことを書いていますが…

 

ikuzi.hatenadiary.jp

 

できないのはまぁ、若干、いや大いに、コミュ障なんですよね。

つまるところ。

 

ママ友が出来るかどうかはまぁ良いんですけど、

せめてあの気まずい沈黙だけはなんとかしたいです…。